みたすくらす #東海の地産情報を地元クリエイターがお届け!
「“Coffee & Flower Market” 浜松へ!」  花、暮らし、私 vol.05
見出し画像

「“Coffee & Flower Market” 浜松へ!」  花、暮らし、私 vol.05

晴れた日の早朝。

早起きをして、車を借りて(車は必要な時に借りるスタイル)、ドライブ!

こんな日は外でコーヒーを飲みながら、植物に囲まれてゆっくりしたいなぁ…。

ということで、今日は浜松のとある花屋さんが開催している、「Coffee & Flower Market」へ行ってきました。

【Coffee & Flower Market とは】
レコールブラン浜松アトリエで月2回 開催されている定期イベント。その日の朝に仕入れたての季節の花々を、お値打ち価格で購入できるという嬉しすぎる内容で、8時の営業開始早々人で賑わう人気ぶり。併設されているコーヒースタンドではこだわりのコーヒーやハーブティーが楽しめる。月の初めのイベントではコーヒーに合う焼き菓子やケーキ、クロワッサンなどを販売。月の後半のイベントではその月により内容が変わり、カレーの販売やハーブティーの販売、季節の食べ物など、随時企画をかえてたのしめる内容になっている。


名古屋の街中から高速に乗って約1時間半。

「ちょっと遠出」にはほどよい距離感のその花屋さんは、陽が当たって気持ち良さそうにそよいでいる植木畑の中にありました。

造園屋さんの一画に、静かに、洗練された空気をまとってそびえるそのお花屋さんの名前は「l’ecole blancレコールブラン 浜松アトリエ」。

名古屋市東区に本社兼名古屋アトリエを構えるフラワーショップ&アトリエです。

こちらの浜松アトリエは、お花のショップとコーヒースタンドが併設されています。植物の中にポツポツとそびえるビニールハウスやコンテナが綺麗にデザインされていて、とても素敵な空気が漂っていました。

ビニールハウスの一画が、今回Coffee & Flower Marketを開催されているレコールブランさん。中に入ると、所狭しと季節の花々が並んでいます。

到着した朝9時の時点ですでに店内はたくさんの方で賑わっていました。その日の早朝に仕入れたばかりの、新鮮な花々をお値打ちに購入することができるという驚きのサービスが人気みたいです(一部キーパーの中に前日のものもあるそうですが、きちんとご説明をした上でご購入いただけるよう徹底されているそうです)。

さっそく店内を何周も周り、好きなお花を選んで自分で一本ずつ取り出します。

…実はこのスタイル、とっても珍しいんです!


一般的なお花屋さんは、店員さんに好みや要望を伝えたら、店員さんが花瓶から花を取り出してくれますよね。慣れていない方は、もしかしたら店員さんに取ってもらえた方が安心かもしれませんが、実はこの“自分で選びながら花瓶から取り出す”のがとても楽しいんです!「どの花とどの葉っぱを合わせようかな?」「この色とこの色は合うかな?」なんて考えながら、自分がウキウキする組み合わせを探し出します。

もちろん、店員さんに相談しながら選ぶのもOK!お花の取り扱いが不安な方や、葉っぱ同士が引っかかって取り出しにくい、という場合も店員さんが近くで見守っていてくださるので、安心してお願いすることもできます。

ただ、この体験はとっても貴重だと思いますので、ぜひ楽しみながらお花を選んでみて欲しいです。普段、花を扱っている私も楽しく選ばせていただきました!


ついて早々楽しい体験をした後は、併設されているコーヒースタンドへ。

このコーヒースタンドは常設で、美味しいコーヒーと香り高いフレーバーの紅茶が楽しめます。この、Coffee & Flower Marketのイベント時だけ登場する激旨カレーがあると前情報で聞きつけてきましたので、もちろんコーヒーとカレーを注文しました。

カレーは地元のカレーハウス バロンさんのマッサマンカレー。コーヒーを待っている間にお話ししていたら、この店主の方がとても面白い方で、美味しいマッサマンカレーを作るために研究を重ねた末、通常の調理方法に蒸留技術を組み合わせ……詳しいことは覚えられませんでしたが(ごめんなさい)、とにかく情熱と技術とスパイスがたくさん込められた美味しいカレーでした!

…食レポ下手めでごめんなさい(汗)

コーヒーも一杯一杯丁寧に入れてくださり、外に設置されているテーブルで植物や購入したお花を眺めつつ、香り高いコーヒーに癒されながら、本日のミッション(ドライブがてら、植物と花に囲まれてコーヒーとカレー)コンプリート。満喫させていただきました!

ただそれだけではもったいないので、レコールブランのオーナーである藤野さんに少しだけお話をお伺いしてきました。

もともと、この辺りは植木や花の生産者さんが多い地区のようで、日常で「自宅用にお花を購入する」という習慣があまりないエリアだったそう。そんなエリアにお花屋さんを出した当時は、看板すらも出していなかった状態。何屋かわからない中でも、気になって勇気を持って重い扉を開けてきてくださる方もいたというからすごいですね!知る人ぞ知る、という隠れ家スポットになっていたのが想像できます。

事業も大きくなってきた頃、「地域にどういう貢献ができるかな?花のある生活をもっと楽しんでもらいたい、何かきっかけをつくってあげたら変わるのでは?そのきっかけを作りたい。」と思って始めたのがこのCoffee & Flower Marketでした。

小さなお子さんがいらっしゃるお客様も多く、子どもを預けている間に来る事ができたり、お勤めの方でも出勤前にさっと立ち寄ってもらえるような早めの時間帯からのオープンにして、朝の時間を幸せに過ごしてもらう。そんな楽しみが暮らしの中にあったらいいなという想いが、このマーケットには込められています。

その朝の時間をいかに楽しんでもらうか、ということで花とコーヒー。そしてそれに合う焼き菓子。というように提供するサービスも決まっていったそうです。

焼き菓子は店舗を持たずに個人で活動されている地元の人気パティシエ、クロワッサンは地元のフレンチパティシエが作る本格志向。カレー屋さんももちろん、この浜北の地元で。“本物の良さ”があるところをもっと広めたいという想いで、マーケットに来ていただくお店も決めているんだとか。

朝イチで仕入れた花をお値打ちに販売。仕入れたてのものを販売するので、鮮度も花持ちもいい花を地元の方は気軽に購入することができます。自然にリピーターと口コミが増えてくるのも頷けますね。

そんなマーケットを作り上げたレコールブランさんは、名古屋・浜松を拠点にショップの空間装飾、フラワーアレンジ教室、ブライダル装花を行う花のアトリエです。花そのものだけでなく、空間全体を捉えてお花を提案してくださいます。

浜松アトリエには常時お花が並んでいるのですが、名古屋アトリエは創業当時から花を置かない花屋として、一件一件オーダーに合わせて花を仕入れ、デザインするスタイルを取られています。

実は私も、ここでフラワーデザインを学びました。技術だけでなく、花を活かすとはどういうことかを感じとることができるこだわりの空間でレッスンを受けることが出来たのが、今の自分に活きている気がしています。

藤野さんとお話ししていると、花や植物に対する感謝の気持ちがとても感じられて、思わずジンとしてしまう場面も。今後もコーヒーと花に限らず、花をより身近に楽しんでもらうためにできる事をいくつも考えられているそうで、こちらのコラムでもまた記事にさせて戴きたいと思っていますので、皆様も楽しみにしてください。

レコールブラン。
花に対する思いを存分に感じられる、素敵な空間と人。

コーヒーを飲むついでに、ドライブのついでに、その思いをぜひ感じに来てみてください!

■フラワーアトリエ・レコールブラン
https://lecoleblanc.com/
〒434-0003 静岡県浜松市浜北区新原6625 栄松苑内
※Coffee & Flower Marketの開催日は不定期です。詳しくはレコールブランさんのインフォメーションにてご確認ください



この記事が参加している募集

私のコーヒー時間

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
みたすくらす #東海の地産情報を地元クリエイターがお届け!
【みたすくらす】は、東海エリアのクリエイターたちが、それぞれのライフワークを活かした記事を執筆。 ここにしかない”地産情報”を発信していくWEBメディアです。  produced by ASMITAS_東邦ガス