みたすくらす #東海の地産情報を地元クリエイターがお届け!
和菓子とウイスキーのマリアージュ
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

和菓子とウイスキーのマリアージュ

伝統は今を生きる vol.13

こんにちは。フォトグラファーのたかつです。

今回のテーマは日本の伝統的な「和菓子」
なのですが、
ただの和菓子ではなく“大人の和菓子の楽しみ方”を取り上げてみたいと思います。

それは “和菓子とウイスキーのマリアージュ”

以前みたすくらすの編集会議で
「たかつさん知ってますか?餡子(あんこ)とウイスキーの組み合わせが美味しいらしいですよ」という話を聞いてことがきっかけでした。

正直僕は心の中で何を言ってるんだこの人は…
と思っていましたが、勢いでそのときは
「え〜 全然知りませんでした!面白そうですね!ぜひ記事で取り上げてみたいと思います」と言ってしまった訳です。

疑い深い僕は打合せ後、ネットでそのようなことを言っている記事があるか調べてみることにしました。すると…

…あった。マジか。

信じられないことに、餡子とウイスキーが合うと証言している記事が複数ヒットしたのです。

これは真実かどうか試してみなければ…
そんなこんなで今回は実験レポートとなります。


そもそも和菓子の歴史って?

いつも私たちの暮らしの側にある和菓子。むかしは和菓子店などで購入するものでしたが、今ではスーパーやコンビニなどでも気軽に買うことができます。近年では老舗和菓子店がおしゃれなサブブランドを出店するなど、和菓子はこの現代においても人気嗜好品の立場を守っています。

和菓子の歴史を辿ると縄文時代までさかのぼります。諸説ありますが、木の実を粉砕して、水でアクをぬき、丸めて熱を加えた「団子」が和菓子の始まりなんだとか。この時点では、正直あまり美味しそうではありませんね。
やがて、唐(現在の中国)との交流や茶湯文化の発展などの影響を受けながら進化した和菓子は、様々な素材や加工法と取り入れて現代のものになったということです。


まずは地元店で和菓子を調達 

歴史についてはこれくらいにして、さっそく和菓子を調達しに地元の和菓子店「北城屋」さんへ。こちらの名物はなんと言っても「安城一番 福たこ」という最中(もなか)です。餡子がたっぷり入っているので、企画にもぴったりでしょう。ちなみに北城屋さんは安城市の観光ガイドブック「あんナビ」にも掲載されています。


あんナビ
http://www.machi-anjo.jp/archives/1060
北城屋
http://www.kitashiroya.co.jp/

北城屋さんの詳細ついてはこちらをご覧いただくとして、今回ウイスキーとのマリアージュを試してみる和菓子は以下のラインナップにしてみました。

安城一番 福たこ(餡子入りの最中)
あんじょう小僧(餡子入りの饅頭)
南吉どら焼
フルーツ羊羹

噂の検証のために基本的には餡子が入っている和菓子をチョイスしました。
フルーツ羊羹だけはちょっと毛色が違いますが、爽やかな風味の和菓子も試してみたかったので選びました。
はてさて…どうなることでしょうか。


馴染みのBARで和菓子とウイスキーのマリアージュを検証!


検証にあたっては、せっかくならウイスキーの方もいろいろと試したいと考え、こちらも地元安城にあるBAR「feRosa(フェローザ)」さんにご協力いただきました。feRosaはお米屋さんが営む珍しい酒場で、店主が安城市民の憩いの場になればと考えてつくられた場所です。こだわりのお酒をリーズナブル楽しめるので、私もしばしば利用しています。今回は場所ならびにお酒をご提供いただき本当にありがとうございました。

そして今回、お店の方にご用意いただいたのがこれらのお酒です。

ジャックダニエル(バーボン・ウイスキー)
バランタイン(スコッチ・ウイスキー)
ラフロイグ(スコッチ・ウイスキー)
タリスカー(スコッチ・ウイスキー)
知多(ジャパニーズ・ウイスキー)

全て、お酒と氷だけ入れた「オン・ザ・ロック」でいただきます。

さらに、一人で試食し続けては流石に酔っ払ってしまいますので、今回の企画を
説明した上でfeRosaの常連さんにも手伝っていただきました(本当に感謝です)。
※試食会は新型コロナウイルス感染症対策を万全に行い実施しております。

試食と試飲を繰り返して出た結果は…?

試食した結果をお伝えしたいと思いますが、基本的に
和菓子(餡子)とウイスキーの組み合わせはめちゃくちゃ合う!
というものでした。
僕もですが、今回実験に参加してくれた常連さんも皆さん一様に驚かれていました。

まず、圧倒的に多かったのが「餡子とタリスカーに組み合わせはすごく合う!!」という意見。そもそもタリスカーはスコットランドのスカイ島というところで作られているお酒で、海水の塩や柑橘系の甘みを感じさせるスコッチウイスキーです。
このほのかな海を感じる塩味と、餡子の相性がとてもよかったように感じました。

そして意外だったのが「フルーツ羊羹と知多の組み合わせ」
フルーツ羊羹の爽やかな甘さと、知多の軽やかな風味がとても素敵にマッチしていました。女性からの支持が特に多く、いろいろフレーバーがある中でも特にレモン羊羹と知多の相性が抜群でした。

最後に「最中とジャックダニエルと組み合わせ」。最中の香ばしさと食感が、芳醇な香りのジャックダニエルとよく合って、とても面白いという意見がありました。

結論:和菓子とウイスキー組み合わせ、大いにアリです!


和菓子とお酒はよく合うらしい


僕自身「和菓子にはお茶」という固定概念を持っていましたが、今回の和菓子とウイスキーの組み合わせは本当に美味しくいただけました。気になって後からネットを調べたのですが、大福に日本酒という組み合わせや、和菓子の名店や大手酒造メーカーが和菓子とお酒の組み合わせを楽しむイベントを開催しているという情報も見つけました。僕たちが知らないところで和菓子は様々なパートナーを見つけていたそうです。

まだまだおうちで過ごすことが多い昨今ですが、和菓子好きの方は、お酒に限らずいろんな飲み物との組み合わせを見つけてみてはいかがでしょうか?



みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
みたすくらす #東海の地産情報を地元クリエイターがお届け!
【みたすくらす】は、東海エリアのクリエイターたちが、それぞれのライフワークを活かした記事を執筆。 ここにしかない”地産情報”を発信していくWEBメディアです。  produced by ASMITAS_東邦ガス